潤静(うるしず)の効果的な使い方とは?

子供のかきむしり肌、どうにかしてあげたい・・・。と悩む親は多いですよね。

 

夏の汗や冬の乾燥など、痒みはなかなか我慢できません。

 

そこで、救世主となるのがこの潤静(うるしず)です!

 

塗り心地はサラッとしているのに、しっかり保湿。使い続ける事で保水力をあげてくれます!

 

そんな潤静(うるしず)に、効果的な使い方がある事をご存知ですか?

 

せっかく使うなら、効果的な使い方をして潤静(うるしず)の効果を実感したいですよね。

 

潤静(うるしず)愛用者はみんな知っている?効果的な使い方を調査してみました!

 

潤静(うるしず)の効果的な使い方って何?潤いパワーを実感したい!

 

子供の肌はスベスベ・モチモチ!でもデリケートな肌だからこそ、ガサガサ・ゴワゴワ肌になりやすいんです。

 

そして、乾燥や外部からの刺激による痒みが出てしまい、子供は我慢できずに掻いてしまいますよね。

 

酷い場合は出血してしまうまで掻いてしまう、子供のかきむしり肌・・・。

 

何とかしてあげたい!と思うのが、親ですよね。

 

そこで、潤静(うるしず)の登場です!

 

潤静(うるしず)は赤ちゃんにも使える、肌にとても優しい成分のみを使用しているのに保湿力は抜群。

 

潤静(うるしず)を塗ってあげる事で、かきむしり肌を卒業する事ができます。

 

そんな潤静(うるしず)の効果的な使い方を知って、子供の保湿力・保水力をUPさせてあげましょう。

 

どうして子供の肌はモチモチなのにデリケートなの?

 

生まれたばかりの赤ちゃんには、ママのお腹の中でまとっていた「胎脂」という脂に守られています。

 

しかし、生後48時間以内に胎脂はなくなり、肌が外的刺激にさらされてしまうんです。

 

この胎脂がなくなってしまう事により薄い皮膚が表面に出てしまう為、乾燥しやすい状態になってしまいます。

 

更に、小さな子供の身体でも、汗腺の数は大人とほぼ同じ!

 

汗っかきだからこそ、その汗が刺激になって肌荒れや汗疹を引き起こす原因となってしまいます。

 

そこで、赤ちゃんのデリケートな肌も潤静(うるしず)がしっかりサポート!

 

潤いのベールを作る事で、外的刺激から守り内部の水分を留めてくれるんです。

 

デリケートな赤ちゃんにこそ、使ってあげたい全身美容液ですよね。

 

潤静(うるしず)はどうやって塗るの?正しい使い方をご紹介!

 

赤ちゃんの肌が乾燥しやすいメカニズムが分かったところで、潤静(うるしず)の効果的な使い方をご紹介します。

 

まず、潤静(うるしず)の基本的な使い方はご存知ですか?

 

1日1回、入浴後などの清潔な肌へ使用して下さい。

 

顔に使用する場合は、500円玉程度の大きさが目安になります。

 

もちろん、顔だけではなく全身に使えるので、カサカサが気になる部分に使用できますよ。

 

全体的にまんべんなく、しっかり塗り込むのがポイントです!

 

浸透が早く肌馴染みが良いので、ベタつきがなくサラッとした仕上がりになります。

 

潤静(うるしず)の効果的な使い方をして美肌パワーUP!

 

では、気になる潤静(うるしず)の効果的な使い方をご紹介します。

 

潤静(うるしず)は入浴後などの清潔な肌に使用する事をオススメしますが、入浴後って最も乾燥しやすいですよね。

 

ボディーソープや洗顔料による刺激で、無防備な肌は乾燥しやすく刺激を受けています。

 

そこで、全体に潤静(うるしず)をしっかり塗り込んだ後、特にカサカサが気になる部分に集中パックがオススメです!

 

コットンなどに潤静(うるしず)を染み込ませて、気になる部分に張り付けて下さい。

 

5〜10分程そのままにしておけば、潤静(うるしず)の集中パックは完了です!

 

カサカサが気になっていた部分も、潤静(うるしず)のベールに包まれてしっかり保湿されますよ。

 

是非、試してみて下さいね。

 

まとめ

 

潤静(うるしず)の効果的な使い方をご紹介しましたが、参考になりましたか?

 

子供の場合は、長湯をし過ぎない・洗い過ぎない・爪を短くするなどを心掛ける事も、効果的な使い方の1つになります。

 

潤静(うるしず)の効果的な使い方で、保湿・保水力をUP!潤いのある美肌に大変身できます。

 

また、自分だけの効果的な使い方を見つけるのも楽しいかもしれませんね。

 

>>潤静(うるしず)の詳細はこちら